2023-09

夫婦カウンセリング

#222 人が大切にしている物はあなたのものではないからね。

人が大切にしているものをそうとは知らずに私達は勝手に自分の価値観で判断してものを言い相手を無自覚に傷つけてしまっていることあると思います。自分の物差しは自分の為に使うものであって誰かのために使うものではありません。
夫婦カウンセリング

#221 後悔の無い人生なんて無い。

もしあの時、自分で決めた選択ではなく誰かが決めた選択で仮にうまくいっていたとして、そしたら貴方は後悔しないでしょうか?もしかしたらあの時自分で決めた選択にしていたらもっと別の結果があったのでは無いかと…後悔しないだろうか?自分の決めたことに責任を持つとは本当に怖いことですよね…
人間関係のお悩み

#223 人に合わせられないのではない。今まで合わせてきたからやめたいのです。

自分ばっかり我慢を強いられてきているのに、たまには自分に合わせてくれよ!そう思うよね。合わせられないのではないのです。今まで出来ないのに必死で合わせてきたから逆に合わせることをしてもらいたいと思うのです。
夫婦カウンセリング

3 セックスレス 夫婦関係

男性は個人差はあるでしょうけれど10代20代をピークに少しづつ下りはしますが大体通年性欲はあるそうです。だから何歳になってもある。女性は、閉経する10年くらい前あたりから性欲が増すそうです。それはなぜかというと危機感を感じるからだそうです。
夫婦カウンセリング

2 セックスレス・夫婦関係

私とやりたいんだと言われても、そこに愛情のかけらも感じない。これだけの負担を背負っているのに。仕事を仮にしていなかったとしても子育てはとっても大変。なぜその大変さを半分請け負おうと思わないのか?あなたの子供でもあるのに!世間ではいい旦那ツラして!
夫婦カウンセリング

セックスレス・夫婦関係

離婚なんかしてやんないの。主婦してお金使って遊んで復讐してやるの。」そう言っていました。それで次から次へと浮気相手を探してヤバそうになったら別れて次に行く。浮気は本気じゃない。浮気をして寂しさを紛らせると同時に相手への復讐。でもそれは本当にやりたいことではない…
夫婦カウンセリング

#214 自分の内側で未消化の傷があるから激しく反応するのです。

あの経験は受け止めきれず痛すぎて傷が生々しくてまともに見れない時。人は鎧を沢山着込んで自分をその傷から身を守ろうとし鎧を着込むことで強くあろうとする。でも、酷い目にあった。悲しい目にあった。辛い目にあった。だから生きるために鎧を着込んだ。それは正解です。
親子関係のお悩み

#220 良い子にしてたら愛される?

だから毎回ではなくてもたまに良い子にしていたことで褒められたりした経験が麻薬になって態度がコロコロ変わるその人を見てもそれでも良いところだけを信じてこの人はそんな人ではない。と思いたいのです。人を疑いたくないと思うその子供が悪いのではないのです。
人間関係のお悩み

#219 頭下げて形だけの感謝して何が目的なのか?

過剰な対応は相手に違和感を感じさせるのではないかと思います。誰だって言葉と行動の不一致があれば違和感感じるってものです。それを教育としてやらせるのなら、やらされる側は拷問に近いのではないかと。なぜそれをやる意味があるのか。そこもセットで伝えないとね。
人間関係のお悩み

#218 自分が希望することをなぜ言えないのか。

人を笑いものにする行為は人をゴミ箱のように扱うのと同じです。あなたは誰かのストレス発散マシーンではないのだから。あなたを大切にしない相手からは 離れて良いです。相手にしなくて良いです。あなたの人生の時間が勿体無いからね。
タイトルとURLをコピーしました